タイでの映画撮影への同行



0 コメント



タイを舞台にした小説が映画化されるということで、その撮影に通訳として同行した。



映画は、ウドンターニーで生まれたとある有名な写真家の方の自伝が元になる。

ラオスで敗戦を迎え、そのままウドンターニーに移り住んだ家庭に生まれた写真家。

その方は、小学校低学年までウドンターニーで過ごし、そして、日本へ渡った。

子供の頃に話していたタイ語は、すっかり忘れてしまったという。

タイで過ごした幼きころの自分と、すっかりタイ語を忘れて「日本人」になった自分との間に横たわるズレへの葛藤が描かれた本が、映画化されるのである。



この映画を監督し、かつ撮影をしたは、僕が大学生だった頃に、バックパッカーに焦点をあてた作品で旋風を巻き起こした、これまた有名な写真家だ。

僕も多くのご著書を読んだし、影響を受けたものである。

その人のチームに同行とは、人生、わからないものだ。


ウドンターニーからナコンパノム、ラオスのターケーと、撮影は1週間続いた。

「明日は朝4時半です」

「日が沈む前に、あそこにどうしても行きたいので、急ぎましょう」

なんて感じで、とにかくプロの撮影スタイルは妥協を許さないものであった。


監督は、目の前の現実をどのようにカメラで切り取っていたのだろうか。

来年、映画公開予定ということなので、僕が何気なく見ていた景色と、監督によって切り取られた画が、どれほど違うのか、その時になればわかるだろう。

なんとも、楽しみだ。





<関連記事>
『アジアン・ジャパニーズ』から『日本を捨てた男たち』の時代性へ。
谷恒生『バンコク楽宮ホテル』と、カオサン通り、iPhone。
ビエンチャンでビザ。
チェンマイでの仕事
タイの伝統人形劇”アクサラ人形劇”と日本の文楽。



人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング

ポチリと応援クリックお願いします!






older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.