第30回チェンマイ大学日本祭と、わたくしスサノオ。



0 コメント







チェンマイ大学では先日、今年で第30回目となる日本祭が行われた。

日本祭前夜は、何人かの教員陣も夜10時過ぎまで手伝い、主体となった3年生はほとんどが徹夜で準備した。



そして本番。

まあ、結果からいえば、成功したのではなかろうか。









そして、我が文学史グループ。



舞台裏ではのんきなのもだったが、まあ、なんとか終えた。







わたくし、スサノオ。

最後にちょっと出ただけだが、なんか笑われているのが気にならないでもない。



「来年は、スサノオの八岐大蛇退治の話ですな」

周囲から言われた。

毎年、『古事記』を演じるチェンマイ大。意味が分からないが、でも、なかなか面白い。





人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング

ポチリと応援クリックお願いします!





<関連記事>
文学史、どんどんマニアックになる学生
新撰組隊士からスサノオの神へ。チェンマイ大の日本祭。
2年生との、送別焼肉パーティー
ロッブリーのナライ王に関する学会での発表
路上パン、仏像、焼き鳥、角質喰い魚。ごちゃ混ぜバンコク。



0 コメント:

コメントを投稿

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.